[PR]

 「第1回選択希望選手」として「荒木雅博」の名前が読み上げられた時には、ドラフト会議が始まって、ずいぶん時間がたっていた。

 1995年11月22日、PL学園(大阪)の福留孝介が注目を集めたドラフトだった。

 その福留に7球団の入札があり、抽選を外した巨人と中日の「外れ1位」入札が東海大相模(神奈川)の原俊介捕手で再び競合した。ここでも抽選で敗れた中日が、「外れ外れ1位」として指名したのが荒木だった。

 ぼくはテレビ中継のゲスト席にいた。選抜高校野球大会に出場したものの、2回戦で敗れた熊本工の遊撃手は印象に残っておらず、恥ずかしながら、上位指名選手としてはマークしていなかった。

 「どんな選手ですか?」とアナウンサーに質問され、しどろもどろになった苦い記憶が残っている。

 「上位で指名してもらえるなんて、驚いています。足が震えてしまった」。翌日の朝日新聞に掲載された荒木のコメントだ。全体的に初々しいが、こんな宣言もしている。

 「福留君には絶対に負けたくありません」

 身体能力の高さに加え、この負…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも