[PR]

 津市に11月9日、大型商業施設イオンモール津南が開業する。核店舗の「イオンスタイル津南」は、店内にネットショッピングができる専用カウンターを設けるほか、ドライブスルーで商品を受け取れる。イオン系総合スーパーでは、いずれも全国初の試みだ。新サービスの狙いを鷹英樹店長(45)に聞いた。

 ――店内にネットで注文するカウンターを設ける。背景にどんなニーズが。

 米国では(ネット通販の)アマゾンの台頭で小売業の売り上げが落ちてきた。日本も人口が減少する中で急速にネットビジネスが普及し、危機感を持っている。ただ、たとえば掃除機を買おうとした時、画面で見ただけでは重さや収納できる大きさなのかが分からない。リアルの店舗の強みを生かし、ネットと融合した売り場をめざした。

 新店舗のカウンターでは、お客さまが専用のタブレットや自身のスマホで注文する仕組み。売り場にない企画商品も紹介する。たとえばおせち料理のカタログにある黒豆や、産直ギフトの果物を試食できる。

 売り場にない家具や家電なども、ネットで約8千点を扱う。担当者が常駐して買い物をサポートする。

 ――ドライブスルーはなぜ始め…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら