[PR]

 子どもの発熱は親御さん、ご家族みんながとても心配なものです。生まれてからしばらくの間は、おなかの中でお母さんからもらった免疫により感染症から守られていますが、生後を6カ月過ぎるとその効果は弱まっていき、感染症にかかって、熱を上げることが多くなります。

 小さいお子さんがせきも鼻水も出ていないのに高熱を出して小児科を受診した際に、医師から「『とっぱつ』かもしれないね」とか、「熱が下がってから発疹が出るので、まだ断定はできませんが……」と言われた経験がある人も多いと思います。この『とっぱつ』は、突発性発疹のことです。

 突発性発疹は、主に生後6カ月~2歳くらいのお子さんがかかる病気です。

 38~39度の高熱が3~4日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら