[PR]

 エンジン部品の不具合で数十万台の大規模なリコールを近く届け出ることが報じられたスバルの企業城下町・群馬県太田市が揺れている。スバルの関係者は「心配している」と漏らし、スバルからの法人市民税に頼ってきた市の財政担当者は「財政調整基金(財調)を崩してしのぐしかない」と深刻に受け止める。

 スバルはリコール問題に先立つ23日には、9月中間期の利益予想を下方修正し、5月時点での予想を490億円下回る610億円の見通しと発表した。

 清水聖義市長は朝日新聞の取材に「定評のあったエンジンの不具合なので、企業イメージへの傷は深い。財政への影響は避けられない」とショックを隠さない。

 市の法人市民税は7割がスバル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら