[PR]

【2013年3月20日朝刊文化面】

 ドナルド・キーンさんは日本文学者。しかしその研究対象は文学に限らない。最新刊の『ドナルド・キーン著作集』第6巻は「能・文楽・歌舞伎」がテーマ。歌舞伎座の再開場を前に人気俳優の逝去が重なった歌舞伎、大阪で補助金見直しが問題となった文楽。揺れる古典芸能の世界は、キーンさんにどう映るのか。

 文楽に興味をもったのは戦後まもなく。博士論文が近松門左衛門の「国性爺合戦(こくせんやかっせん)」だったという。

 ■人形遣い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも