[PR]

 今月上旬に東京で開かれた水球男子の日本選手権で優勝したブルボンウォーターポロクラブ柏崎(ブルボンKZ)の祝勝パレードが26日、柏崎市であった。水球日本一の市内パレードは、1964年に柏崎高校がインターハイで優勝して以来、半世紀ぶりの開催となった。

 パレードの出発地点は、同チームのネーミングライツ(命名権)をもつ大手菓子メーカーのブルボン本社前。青柳勧総監督が「6年ぶりに優勝できたのは市民の声援のおかげ。東京五輪の日本代表を柏崎から輩出できるよう、来年も再来年も日本一をめざす」とあいさつした。

 選手ら11人が横断幕やのぼり、カラフルな風船で飾られた8トントラックの荷台に乗り込んだ。パトカーに先導されたトラックは、終着点の柏崎市役所まで約1・2キロを徒歩に近いスピードで走った。沿道ではお年寄りから幼稚園児まで約1500人が出迎えた。

 パレードのコースとなった駅前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら