[PR]

 強い張栩が帰ってきた。第43期囲碁名人戦七番勝負は、挑戦者の張栩九段(38)が井山裕太名人(29)に1勝3敗から3連勝の逆転でシリーズを制し、10期ぶりの名人復位を遂げた。かつての井山飛躍の引き立て役が、因縁の名人戦で主役の座を取り戻した。

 長いトンネルだった。

 2003年、23歳の若さで名人、棋聖と並ぶビッグタイトルの本因坊を獲得。それから堰(せき)を切ったようにタイトルを取りまくったが、背中には9歳年下の井山が迫っていた。

 08年、名人だった張は、史上最年少19歳の七大タイトル挑戦者・井山を迎えた。フルセットの末に下したが、翌年は連続挑戦の勢いを止められず、史上最年少名人の誕生を許した。

 当時、七大タイトルのうち名人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら