どうした井山、碁聖に続き名人も失冠 「まだ成長の…」

大出公二
[PR]

 昨年の名人戦でタイトルを奪還し2度目の七冠に返り咲いた井山裕太名人は、碁聖戦に続く失冠で五冠に後退した。「シリーズを通して大事なところでミスが出た。それが今の自分の実力」と、淡々と語った。

 昨年は「今までの棋士人生で一番いい状態」で、七大タイトルのすべてを制したが、好不調の波があるのは棋士の宿命。今年に入り調子は右肩下がりだった。

 加えてシリーズ中、例年以上に過密対局となった。世界戦で2度韓国に渡り、第5局からは国内の他棋戦とも重なり、第7局まで中2日で6戦。対局と移動でほとんど休む間もなく戦い続け、第6局から3連敗で本局を迎えていた。

 碁聖戦では9歳年下の許家元(きょかげん)七段(当時)に敗れ、名人戦では9歳年上の張栩九段に敗れた。あらゆる世代が井山一人を標的に挑んでくる。「対局が一番の薬」「自分にはまだ成長の余地がある」。自らを鼓舞し、切れ目ない戦いの中に活路を求める。(大出公二)