[PR]

 26日(日本時間27日)に始まるフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダに出場する平昌(ピョンチャン)五輪男子銀メダリスト、宇野昌磨(トヨタ自動車)が、シリーズ開幕前に今季の抱負を語った。主な一問一答は次の通り。

ルール改正「慣れれば…」

 ――五輪を振り返ると。

 「五輪は僕の実力で出せる最高の順位。納得できた2位。それ以外の2位は……」

 ――地元名古屋であった昨年12月のGPファイナルで、最後の3回転サルコーに予定していた連続ジャンプをつけず、総合2位でした。優勝したネーサン・チェン(米)とは0・5点差でした。

 「連続ジャンプの一つ目を下りたら、(次のジャンプを失敗したら)もったいない、失敗したくないと思って、逃げちゃった。後悔した」

 ――だから今季のテーマは「信じる!」。

 「はい。練習で連続ジャンプを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら