[PR]

 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議で中日から1位指名された大阪桐蔭高の根尾昂(あきら)内野手(18)が26日、同校で中日の与田監督らから指名あいさつを受け、「力をつけて早く勝利に貢献できるようになりたい」などと抱負を述べた。

 前夜は興奮し、就寝が普段より遅めの深夜0時ごろだったという。「学校の先生方から『おめでとう』と声をかけられ、やっとプロになる実感が湧いてきた」と笑みを浮かべた。

 岐阜県飛驒市出身で、小学生のときに中日の公式ジュニアチームに所属。ドラフト当日には「改めて縁がある」と話していた。この日は「(中日に)指名されてうれしかった。早く1軍にという目標はあるが、まずは土台をつくり、長くプレーできる選手になりたい」と話した。