[PR]

(26日、テニスWTAファイナル)

 わずか47分。試合後、大坂は初戦で左太もも裏を痛めていたと明かした。

 「どんどん悪くなり、動けなくなった。今季最後の大会なので、やれるなら、プレーを続行したかった」

 3―5と先行された後、治療のためのタイムアウトを取った。だが、痛みは改善されなかった。続く第9ゲームで、0―40から第2サーブをネットにぶつけ、涙をこぼした。

 約2カ月前に全米オープンのシングルスで、日本人初の4大大会優勝を遂げた。自己最高の世界4位で今大会に臨んだが「どの試合も難しかった」という。

 大坂の武器はサーブだ。2試合目までの記録をみると、第1サーブが入った時のポイント獲得率は、出場8選手の中で最高の69%。一方、それが入る率は最低の53%だった。けががなく、持ち味も発揮できれば、違った展開になったかもしれない。

 直前の中国オープン準決勝での敗戦から数え、約1年ぶりとなる4連敗。テニスでは珍しい総当たり方式の1次リーグにもうまく対応できなかった。3セット、2時間半近くの試合が初戦から続き、精も根も尽きたように映った。

 アジアから唯一の出場。それも最年少の21歳とあってひときわ人気を集めた。

 「ここでプレーできて楽しかった。(会場を去る時に)お客さんが『よくやった』と言ってくれ、寂しくなった」(富山正浩)

こんなニュースも