[PR]

患者を生きる・食べる「胃を切って」(1)

 宮城県大崎市郊外の「ウラバタケCafe」。地元でおしゃれなカフェとして知られるこの店のオーナー、小玉仁志(こだまひとし)さん(34)には胃がない。

 24歳で胃がんが見つかり、手術で胃をすべて切り取った。大病をして食の大切さに目覚めたのをきっかけにカフェを始めた。

 以前は違った。大学生から一人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら