[PR]

 プロ野球ドラフト会議で今夏の甲子園で準優勝した金足農高(秋田)の吉田輝星(こうせい)投手を1位指名した日本ハムは26日、栗山英樹監督や大渕隆スカウト部長らが指名後のあいさつに同校を訪れた。校長室で約1時間、栗山監督と会話した吉田は、「(指名の)実感がわいた。自分自身の努力が大事になると言われた。いいチームだと思ったので早く入りたい」と話した。

 栗山監督は、吉田の印象について「すてきですね。純粋さと何事も楽しめる遊び心をバランス良く持っている。苦しいときでも前に進む力になる。そういうのって大事ですよね。僕が思っていた吉田輝星そのままだった。輝いていましたね。本当にすてきな名前ですね」とにこにこしながら語った。栗山監督は選手を下の名前で呼ぶが、すでに大事な選手の一人という感触を得たのか、取材のなかでは「輝星」と呼ぶシーンがあり、吉田も「うれしい」と笑顔を見せた。

 吉田は、日本代表に選ばれることを目標の一つに挙げている。栗山監督は「近いところでは五輪もあるし、そこに向かっていく。ただ、野球の技術も大事だが、人間的成長がうまくなる近道だから。長くみんなが見たいと思う投手になることを信じている」と熱っぽく語った。

 今回の訪問はあいさつだけで、仮契約など手続きは今後行われる。背番号もこれからだが、日本ハムの先輩で大リーグ・カブスのダルビッシュ有がツイッターで自身や大谷翔平がつけた「11」が「似合いそう」とツイートした。その話を質問された吉田は「格好いいと思うが、背負ったらプレッシャーがかかる」と笑みを浮かべていた。