[PR]

 居酒屋や焼き肉店を展開する「平井料理システム」(高松市)が、店舗の料理に使う砂糖やみりんの代わりに希少糖を使っている。10日の「希少糖の日」にちなんだもので、四国3県と岡山、神戸の全22店舗で11月末まで実施する。

 希少糖は、自然界にわずかしかない糖の総称。1990年代に香川大学の教授だった何森(いずもり)健氏が発見した酵素の働きで、大量生産が可能になった。食後の血糖値の上昇や内臓脂肪の蓄積を抑える作用のほか、アンチエイジング効果などがあるといわれている。

 平井料理システムは、今では各地の飲食店で提供されている「希少糖ハイボール」を2016年に開発。学識経験者や製菓会社などからなる「希少糖普及協会」にも所属している。

 また、「酒とめしのひら井」「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら