[PR]

 四国電力は27日、愛媛県伊方町の伊方原発3号機(出力89万キロワット)の運転を27日午前0時30分に再開したと発表した。順調に進めば30日に送電を始め、11月28日に営業運転に入る予定だ。

 3号機は東日本大震災後の新規制基準の下で2016年8月に再稼働した。昨年10月に定期検査に入り、今年1月に送電を始める予定だったが、広島高裁が昨年12月、今年9月までの運転を差し止める決定を出し、そのまま停止。広島高裁の別の裁判官が9月の異議審で決定を取り消し、運転できる状態になった。伊方原発の1号機と2号機は廃炉が決定している。(前田智)