[PR]

 南米ブラジルの大統領選は、28日に決選投票を迎える。社会自由党の極右で元軍人ジャイル・ボルソナーロ下院議員(63)と、左派・労働党のフェルナンド・アダジ元サンパウロ市長(55)の争いだが、互いの支持者は激しく批判し合い、ブラジル社会の分断は深まっている。

 「まさか選挙が理由で、父が殺されることになるなんて」。北東部バイーア州サルバドールに住むダンス教師ソモナイル・ダコスタさん(35)は首を振った。

 父ホムアウドさんは第1回投票があった7日夜、自宅近くの飲み屋にいた。貧困層の多い北東部はルラ元大統領の地盤で労働党支持者が多い。ホムアウドさんもその一人だった。

 店でホムアウドさんが「アダジに投票した」と言ってボルソナーロ氏を批判したところ、客のボルソナーロ氏の支持者の男と口論に。男は一度自宅に帰り、ナイフを持って店に現れた。ホムアウドさんは背中を12回刺され、翌朝、死亡した。

 ホムアウドさんの友人エドゥワルド・コヘイヤフィーリョさんは「ただの殺人事件ではない。激しい言葉で相手陣営を攻撃する大統領候補が社会に憎しみと分断をもたらした。その結果起きた政治的な事件だ」。

 「ブラジルのトランプ」とも呼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら