[PR]

 大学教授らが小中学生に科学を直接教えて研究も指導するプログラムが広がっている。国の助成を受け、大阪大は今秋から京都大などと連携した5年がかりの講座「めばえ適塾」を始めた。科学技術を担う人材を育てたい国と、少子化のなかで有望な子を発掘したい大学の思惑が一致した形だ。

 講座名の由来は、幕末に大阪にあった「適塾」だ。阪大の源流の一つで、緒方洪庵のもと、福沢諭吉らが輩出した。10月21日に阪大中之島センターであったオリエンテーションでは、塾の推進委員で、ブラックホールの理論家として知られる佐藤文隆・京都大名誉教授が登壇。受講生に「人類は5千年も知識を受け継いできた。一生懸命やると、知識は絶対にすとんと体に入る」とエールを送った。

 受講生は小学5年~中学3年の約40人。約70人の応募者から学力テストやリポートなどで選ばれた。来年2月まで2時間の講座を計8回受け、自然界の放射線の測定や統計を勉強し、阪大が得意な放射線の測定を通じて、物理の基礎の一つである原子核について学ぶ。

 さらに選抜が続き、2年目の来年度には10人程度が専門的な知識を深め、3年目以降は数人が大学の研究室に通う。期間中は阪大や京大、関西大の教員や学生から指導を受ける。受講料は無料だ。

 受講生の一人、兵庫県宝塚市の中学2年、関川毅さん(13)は父親から塾のことを聞いて参加した。今の得意科目は国語だが、理科の実験が好きだという。「大学でしかさわれないような機械を使った実験が楽しみ。自分がやりたいことは何なのか、探してみたい」と語った。

 阪大も京大も近年、高大接続の一環として、高校生対象の教育プログラムに取り組んできた。さらに若い世代を大学に呼び込むのはなぜか。

 めばえ適塾を企画した中野貴志・阪大核物理研究センター長は、科学者に必要な探究心を早期に鍛えるという目的に加えて、大学間の競争も背景にあると認める。「科学の才能がある子でも、高校で受験が迫れば文系、理系に分かれて、偏差値などを元に東大や医学部に流れてしまう。もっと低年齢から大学が科学の魅力を教える必要がある」と語る。

■研究力低下に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら