[PR]

 米国の爆発物郵送事件で逮捕された男は、トランプ大統領の熱心な支持者で、オバマ前大統領ら民主党有力者らへの憎悪や敵意をインターネット上で拡散していた。11月6日に迫る中間選挙で共和党の苦戦が伝えられるなか、捜査当局は、容疑者が不審物を送りつけた動機の解明を急ぐ方針だ。

 逮捕されたのはシーザー・セヨク容疑者(56)。当局が押収した容疑者の車両には、トランプ氏を支持するメッセージのほか、トランプ氏が2016年の大統領選で戦った元民主党候補のヒラリー・クリントン氏や、トランプ政権に批判的な映画を公開したマイケル・ムーア監督に、ライフルの照準を合わせたステッカーなどが貼られていた。

 捜査当局が容疑者のものとみているツイッターのアカウント(事件後に凍結)には、トランプ氏の集会を撮影したとみられる写真が投稿されていた。米CNNは26日、2017年のトランプ氏の集会の映像に容疑者が映っていたと報道。それによると、男は不審物の送り先の一つになったCNNの視聴停止を呼びかけるプラカードを掲げていた。

 このアカウントからの発信には…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら