[PR]

 入院中の祖父を病院内で刺殺したとして、宮城県警は27日、同県大崎市鹿島台、無職の萩川未貴(みき)容疑者(28)を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕し、発表した。「自分が刺しました」と述べ、容疑を認めているという。

 古川署によると、萩川容疑者は26日午後8時10分ごろ、自宅近くの大崎市民病院鹿島台分院に入院していた祖父の功(こう)さん(88)の脇腹を、持ち込んだ果物ナイフで刺して殺害した疑いが持たれている。

 犯行から約10分後、分院から国道をはさんで向かいにある同署鹿島台交番を訪れ、「いま祖父を刺した」という趣旨のことを警察官に話したという。功さんは同県石巻市の病院へ救急搬送されたが、約8時間後に死亡が確認された。病室からは血の付いた果物ナイフが見つかった。

 病室は4人部屋で、功さんのほかにも患者がいたとみられる。功さんは入院前まで、萩川容疑者と同居していたという。

 功さんが檀家(だんか)だったという慈明寺の住職浅野恵一さん(44)は27日朝、功さんの家族から「父が亡くなった」と電話を受けたという。功さんとは5年前に会ったのが最後だったが、「快活で温厚な人だった」と惜しむ。

 現場となった鹿島台分院は、JR東北線鹿島台駅から約500メートル北側にあり、周囲には小学校や公営住宅、商業施設がある。分院のホームページによると、内科、外科、整形外科などの診療科があり、ベッド数は70床。3人の常勤医をはじめ、90人近い職員が勤務している。