[PR]

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の高校部門が27日、長野市のホクト文化ホールであり、中部支部代表として県内から2校が出場した。Aグループ(8~32人)の桜花学園は金賞と部門3位にあたる長野県教育委員会賞を、Bグループ(33人以上)の岡崎は銅賞を受けた。

 出場10回目の桜花学園は「一音入魂(いちおんにゅうこん)」がモットー。課題曲「雪」(松本望作曲)をテンポのよい女声で披露し、自由曲「火のツィテラ」(コチャール作曲)は声量豊かに歌い上げた。

 鈴木華部長(3年)は「先生らと相談し、自由曲は『響きが重厚なハンガリーの言葉の方が桜花の良さが出る』と選んだ」と語る。「曲の出だしではホール中に声を響かせることを意識した。歌詞の背景を自分たちなりに解釈して声で表現してきた。練習の成果が出せた」と振り返った。

 23回目の出場を果たした混声…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも