[PR]

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の高校部門が27日、長野市のホクト文化ホールであり、関西支部代表としてBグループ(33人以上)に出場した武庫川女子大付属(兵庫)は銀賞を受けた。

 1940年の結成で、26回目の出場。「聴いて下さる方々に感動を!」がモットーで、病院への慰問演奏やチャリティーコンサートにも参加している。今回は岡本尚子(たかこ)教諭の指揮で、課題曲「雪」(松本望作曲)と自由曲「眼(まなこ)―Ⅰ」(鈴木輝昭作曲)を披露。透明感と張りのある歌声をホール全体に響かせた。

 陶山桃花部長(3年)は「先生とコミュニケーションを取りつつ、全員で曲を作り上げた」と語る。自由曲の詩は難解だったが、ディスカッションを通して理解を深めていったという。「今までで一番よい出来でした」と笑顔を見せた。

こんなニュースも