[PR]

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の高校部門が27日、長野市のホクト文化ホールであり、東北支部代表としてAグループ(8~32人)に出場した仙台南は銅賞を受けた。

 自由曲では教諭側からの提案もあった中で、学生指揮者の関場早月さん(3年)が「自分たちに1番合う曲にしたい」と選んだ、「月色の羽音―歌のゆくえ―」を披露した。曲の特徴である鳥のさえずりのような歌声は、生徒31人それぞれの個性があふれた「仙台南らしさ」だという。

 「とにかく思い切りやろう」と一人ひとりがハイタッチをして本番に臨んだ。念願の全国大会の舞台で堂々の演奏を見せ、会場からは大きな拍手が送られた。合唱団団長の森崎愛香さん(2年)は「最高の演奏ができた。ついてきてくれたみんなには感謝しかない」と笑顔で話した。(和田翔太)

こんなニュースも