[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は27日のラジオ日本の番組で、安倍晋三首相が臨時国会で衆参の憲法審査会への自民党改憲案提示に意欲を見せていることについて、「初めから変えることを目的とした議論は本末転倒だ」と批判した。

 枝野氏は、自民の改憲案について「国民投票で否決すればいい。否決するための運動をいまから準備を進めている」と述べた。

 また、国民投票の際に賛成・反対の両派が流すテレビCMを規制する国民投票法改正の必要性を強調。「表現の自由にかかわるので1~2カ月でできる話じゃない。ここから数年はこの議論をせざるを得ない」と指摘した。番組は25日に収録された。