[PR]

杉本昌隆七段の「棋道愛楽」

 最近は将棋のイベントが多いおかげでしょうか。棋士が将棋を「指す」のではなく、将棋の魅力を「話す」機会が増えています。私も講演を頼まれる機会があります。

 多い月だと3、4回、時間は平均で約1時間。時間が余ったことはありませんが、足りなくなったことは何度もあります。私の将棋は長期戦が特徴ですが、どうやらこちらも同じスタイルのようです。

 地方での講演は、新しい人との出会いや訪れたことがない土地に行く楽しさがあります。11月は岩手や石川で、12月は熊本へ。鉄道ファンの弟子(藤井聡太七段)も連れて行きたいなぁ……などと思いながら長距離を移動します。

 依頼先で多いのが企業です。社員の方の勉強会でもあり、事前に下調べをして臨みます。将棋界は組織でありながら、個人事業主の集団。依頼先の企業の活動や社風と共通点がないものか……。いつも頭を悩ませますが、全く違う業界の方との交流はこちらも勉強になります。

 講演後の質疑応答では思わぬ質問を受けることがあります。

 「弟子が師匠を追い越したら2…

この記事は有料会員記事です。残り652文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。