[PR]

 台湾東部の宜蘭県で起きた脱線事故をめぐり、台湾鉄道の安全管理の甘さが浮き彫りになってきた。18人が死亡、200人以上がけがをした惨事から28日で1週間。こうした事故の原因を究明して再発防止を図るため、台湾当局は常設の「運輸安全委員会」を立ち上げる方針を決めた。

 運転士 安全装置を切った状態だ

 指令員 切って大丈夫か?

 運転士 安全装置を切って速度が出ている

 特急列車プユマ号が脱線したのは21日午後4時50分。その約3分前、運転士の男性(48)と運転管理部門の指令員は、列車の安全運行を保つ「自動列車制御システム」を切ったことについて、無線でこんな会話を交わしていた。

 列車の動力などに問題があることを運転士と指令員は把握し、途中の駅で車両の検査をしていた。しかし、運行は続けられた。地元紙が通信記録を入手して公開した。

 「命綱」である安全装置を切っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら