[PR]

 28日に長野市のホクト文化ホールであった第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の中学部門で、関東支部代表として混声の部に出場した埼玉県春日部市立武里中は、2年連続で金賞に輝いた。

 武里音楽部は合唱と吹奏楽の「二刀流」で音程や表現力などに磨きをかける強豪。今春、顧問が代わったが、夏の県吹奏楽コンクール「東部地区・Dの部」で優秀賞を受けた後は合唱に集中。難関の関東大会を2年連続で突破した。

 この日熱唱したのは、鎌倉時代の吉田兼好の随筆「徒然草」を千原英喜が曲にした委嘱曲「つれづれなるままに」など2曲。静寂の中に膨らみを感じさせるしっとりしたハーモニーに始まり、温かみある野太い男声と透明感ある繊細な女声を折り重ねながら、幻想的な世界を美しく描いた。

 「つれづれなるままに」は武里…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも