[PR]

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の中学校部門が28日、長野市のホクト文化ホールであった。県内からは混声合唱の部と、男声のみ女声のみの同声合唱の部に6校が出場し、混声で郡山市立郡山第五中が全国1位の文部科学大臣賞、同市立郡山第二中が全国2位の長野市長賞を獲得した。

 県勢が1、2位を占めたのは同声、混声通じて2015年の第68回大会以来。郡山第五の文科大臣賞は2年ぶり5回目となる。

 郡山第五の奥田敦也部長(3年)は「自分たちが積み重ねた練習で、素晴らしい賞をいただける結果になってうれしい」、郡山第二の先崎真知部長(3年)は「すごくうれしい。驚きでいっぱいです」と喜んだ。郡山市の品川万里市長は「生徒の皆さんのたゆまぬ努力と、それを支えてこられた関係者の皆様に心から敬意を表します」との談話を出した。

 須賀川市立第二中学校も金賞に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも