天皇、皇后両陛下は28日、高知市などで開かれている「第38回全国豊かな海づくり大会~高知家大会~」に出席した。土佐市の海辺では、県沿岸で重要な漁獲対象などになっている魚の稚魚を漁業関係者と一緒に放流した。

 海づくり大会は地域活性化や環境保全などを目的に毎年全国で開催され、県内では初。今回は「森・川・海 かがやく未来へ 水の旅」を大会テーマとした。

 高知市文化プラザかるぽーとで式典があり、尾﨑正直知事が「自然や環境を守り育てる気持ちを次の世代にしっかりと伝えていきたい」とあいさつした。作文コンクールで大会会長賞を受けた土佐市立土佐南中3年の明神陽奈(ひな)子さんが作品を朗読すると、両陛下は熱心に聴き入っていた。

 昼食会場となった県立ふくし交…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら