[PR]

 米ピッツバーグで起きたシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)での銃乱射事件。拘束された男は、なぜ銃口をユダヤ人たちに向けたのか? 事件を受け、選挙戦が終盤に差しかかった中間選挙で、銃規制が重要な争点に浮上する可能性も出てきた。

 拘束されたロバート・バウアーズ容疑者(46)は、SNSに「(ユダヤ人は)白人の敵だ」「なぜ、ユダヤ人の難民支援グループを歓迎できるのか。あいつらは、我々が住むところに敵対的な侵略者を連れて来る」などと、反ユダヤ主義的な書き込みを繰り返していたとされる。

 「白人の権利を守る」ことを掲げて活動している団体は、米国に少なくない。白人ナショナリストや白人至上主義などと呼ばれ、反ユダヤ主義も主張している。トランプ大統領の誕生を機に活動を活発化させている。

 ある白人ナショナリスト団体の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも