[PR]

 プロ野球の日本シリーズは28日、マツダスタジアムで4戦先勝制の第2戦があり、セ・リーグ王者の広島が5―1でシリーズ2連覇を狙うソフトバンクに快勝。対戦成績を1勝1分けとした。

 広島は一回に鈴木の遊撃内野安打で1点を先制。三回は敵失絡みで2点を奪い、五回には1死二、三塁から鈴木が中前に2点適時打を放って突き放した。ソフトバンクは七回に松田宣の中前適時打で1点を返したが、及ばなかった。

 29日は移動日。第3戦は30日午後6時半からヤフオクドームで行われる。

こんなニュースも