[PR]

(28日、日本シリーズ第2戦、広島5―1ソフトバンク)

 ソフトバンクの4番柳田はバットを思い切り振ることが大好きだ。勝負の分岐点で、広島の捕手石原は、そんな大男に実に不本意な三振をさせた。

 リードを3点に広げた直後の四回、先発の左腕ジョンソンは無死一、三塁のピンチを背負った。1死後、左打席に柳田が入る。石原の配球は徹底していた。

 内角直球とシュート気味に動くツーシームの2球で追い込む。高めのボール球で目線をあげさせた後、4球目は、2球目よりさらに厳しいコースのツーシームを要求。ジョンソンの胸中は「石原が感じたことをサインとして出してくれた。それを信じ、とにかく失投しないように」。ひざ元に食い込む142キロに腰は砕け、弱々しくバットが空を切った。「あそこに投げられるのが一流」と柳田は脱帽し、石原は「最高の形で抑えてくれた」。

 第1戦の捕手会沢も内角を多用…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも