[PR]

 富山市で交番が襲撃され、警察官と警備員が殺害された事件で、富山県警は29日、元自衛官の島津慧大(けいた)容疑者(22)=富山県立山町=を、警備員を殺害した疑いなどで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 県警によると、島津容疑者は6月26日午後2時25分ごろ、富山市立奥田小学校(富山市奥田双葉町)の正門付近で、警備員の中村信一さん(当時68)の顔に向けて拳銃を撃ち、殺害した疑いがある。

 また同じ頃に、同校の敷地内を歩いていた当時60代の別の男性警備員を殺害しようと、拳銃2発を発射した殺人未遂の疑いもある。2発は命中しなかった。

 島津容疑者は事件当日、中村さんへの殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたが、駆けつけた警察官に撃たれて重体になり、いったん釈放されて入院。今月10日に退院して、富山中央署奥田交番(富山市久方町)で警察官を殺害して拳銃を奪った強盗殺人などの容疑で再逮捕、送検されていた。