[PR]

 第71回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の中学校部門が28日、長野市のホクト文化ホールであり、中部支部代表として出場した金沢市立西南部中は同声合唱の部で金賞に輝き、最高賞にあたる文部科学大臣賞も贈られた。

 全国大会は、2年前に初出場して2回目。今回挑戦した「ドジがくるぞ」「みつめてる」(いずれも蓬莱泰三作詩、三善晃作曲)の2曲は不安や疎外感などを野良犬の命を通じて描いた重厚な作品で、そろって足を踏みならして緊迫感を高めるなど、ドラマチックに歌い上げた。

 言葉が自然に伝わるように、歌詞を朗読する練習を重ねてきた。部長の中村優美(ゆうみ)さん(3年)は「落ち着いて、細かい表現まで練習の成果を出し切れたと思います」と胸を張った。指揮した稲垣潤一教諭も「本番らしい、いい演奏でした」と笑顔をみせた。

こんなニュースも