[PR]

 「オンライン診療」と称して、勃起不全(ED)や男性型脱毛症(AGA)の治療薬など医師が診療して処方する薬を、患者に一度も会わずに処方する医療機関が複数あることがわかった。厚生労働省は無診療治療を禁止する医師法に違反する疑いがあるとし、指導に乗り出す。同省の指針では、禁煙外来を除いて初診は医師が患者と実際に会って診察しなければならない。

 オンライン診療は4月に一部で公的医療保険が認められ、スマートフォンで診察が受けられるため普及が進む。そのためのアプリを提供する企業が次々と出て、手軽に受診できる。日本医療ベンチャー協会によると、全国で月に1千~2千件の診察がオンラインで行われているという。

 厚労省が3月に示した指針では、初診は対面でと定めている。だが、ネットで検索すると「ED薬を処方、来院する必要は一切なし」などと説明する医療機関が多数出てくる。その一部に電話で確認したところ、少なくとも10以上の医療機関が通院不要と回答。スマホで質問に答え、画面上で医師の診察を受ければよいという。

 EDのほかAGA、低用量ピル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら