[PR]

 男子テニスのエルステバンク・オープン最終日は28日、ウィーンでシングルス決勝があり、世界ランキング11位の錦織圭(日清食品)は、同8位で今年のウィンブルドン選手権準優勝のケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。2016年2月のメンフィス・オープン以来となるツアー12勝目をめざしたが、第1セットでブレークを1度許し、3―6で落とすと、第2セットもタイブレークの末に取れず、敗れた。