[PR]

 16年ぶりに新顔同士の争いとなった新潟市長選は28日投開票され、自民党本部が支持した無所属新顔で前参院議員の中原八一氏(59)が初当選した。前市議の小柳聡氏(31)、前市議の吉田孝志氏(56)、前北区長の飯野晋氏(45)の3人を退けた。

 当選を決めた中原氏は「国、県と連携を取りながら飛躍する政令指定市に向けて取り組む」と抱負を述べた。勝因については「最終盤に自民党本部の支持が出て、大きな力をいただいた」とした。自民からは吉田氏も立候補し、県連はどちらにも推薦を出さなかったが、党本部は告示直前に中原氏支持を決定。閣僚や国会議員が連日応援に入るなど組織戦を展開した。

 中原氏は「保守が分裂し、野党統一候補がいるなかでよく勝てたなと思う」と振り返り、「分裂したことで、それぞれ切磋琢磨(せっさたくま)して支持を拡大できたのではないか」と話した。

 選挙の結果、中央、東、南区で…

この記事は有料会員記事です。残り237文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース