キャリアに悩む女性へ助言 社外の「先輩」ビデオ対話で

有料会員記事

徳永猛城
[PR]

 関西で働く女性たちが、企業の枠を超えて助言者(メンター)を紹介するNPOをつくった。社内に相談できる人がいない女性たちが、管理職などの道を切り開いてきた先輩たちと出会い、自分らしいキャリアを歩んでほしいとの願いを込める。

 京都府が昨年企画した事業でメンターを務めた女性らが、NPO法人アーチ・キャリア(兵庫県尼崎市、井本七瀬代表)を9月に設立した。関西電力堀場製作所などに勤める管理職や現役社員らが相談に乗る。

 「管理職に起用されたけど不安」「社内にロールモデルがいない」「キャリアの先が見えない」「人脈や視点を広げたい」

 そんな悩みを持つ女性たちや、仕事を探す学生らに最適な人材を紹介する。インターネットを通じたビデオ通話による対話で、どこでも利用できる。

 代表の井本さん(34)は、人材紹介会社で働いていた。育児休暇中には仕事と家庭を両立させる女性と出会いたくて、ネットでランチ会を探して参加した。復職後、短縮勤務を経て、社内初の時短での管理職になった。

 当初は自分1人でモデルになろうとして大変だったが、「一歩先を行く社外の女性の先輩に、キャリアや成果を『焦らなくていい。気にしなくいい』と言ってもらった。出会いが人生を変える」と語る。

 現在、メンターには約20人が登録している。中小企業の役員や起業家もいる。悩みに的確に助言できるように、同じような経験を持つ人を紹介する。話を聞いてみたいメンターを指名することもできる。

 創業メンバーの一人で京阪ホ…

この記事は有料会員記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。