[PR]

 東京六大学野球の秋季リーグ戦は29日、神宮球場で最終第8週、早慶戦の3回戦が行われ、慶大が早大に4―5で競り負けて勝ち点を落としたため、同じ勝ち点4で勝率で上回る法大の優勝が決まった。法大のリーグ制覇は12季ぶりで、通算では早大と並ぶ最多タイの45度目。

 慶大は4―3の1点リードで迎えた九回に早大に逆転を許し、3季連続37度目の優勝はかなわなかった。

 全日程を終了し、上位の順位は1位法大(勝ち点4、9勝3敗1分)、2位早大(同、9勝4敗1分)、3位慶大(同、9勝5敗)。首位打者は、明大の渡辺佳明(4年、横浜)が4割2分0厘で初めて獲得した。