[PR]

 桂花は、本場・熊本の味をそのまま関東に伝え、豚骨ラーメンを全国区にした。基本的に製法は同じだが、それでも熊本と東京の味には微妙な違いがある。

 熊本ではスープなどの食材は、味千の工場で一括してつくり、各店舗に運ぶ。一方、東京では店ごとにスープ釜があり、豚の骨など材料を煮込んでいる。

 スープづくりは1日がかりのため、新宿末広店では二つの釜でつくったスープを1日ごとに交代で使用している。また、東京の店舗では豚骨スープに白濁した鶏がらスープを加えているのに対し、熊本では工場で作りやすい澄んだ鶏がらスープを使用する。

 新宿末広店長の浦上裕正は「東…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら