[PR]

 青森県の八戸駅西地区に建設が予定される多目的アリーナの整備計画について、事業者の「クロススポーツマーケティング」(東京)が八戸市内で記者会見し、全体を「フラット八戸」と名付けるなどの概要を発表した。2020年春の開業を目指し、12月に着工する予定だ。

 整備エリアは八戸駅西土地区画整理事業地内の約1万5千平方メートルで、市と民間が連携しながら事業を進める。メイン施設の「フラットアリーナ」は鉄骨2階建て、延べ面積7200平方メートルで、このほか各種イベントが開催できる屋外スペースなどがある。アリーナの収容人数はアイスホッケーの観客約3500人、バスケットボール約5千人となっている。

 名称の「フラット」は平等、自由といった意味。「分け隔てなく、平等で自由に、誰にでも開かれた空間」という意味を込めたという。

 アリーナは同社グループのアイ…

この記事は有料会員記事です。残り287文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース