[PR]

 車の新たなセールスポイントとなっている「自動運転」という言葉を、業界と国はあえて自粛することにした。せっかくの先進機能も、過信すると命取りとなる――。そんな危機感が業界を動かした。

 「自動で止まるので、絶対にブレーキを踏まないで下さい」

 東京都西東京市の会社員男性(64)は、近くの自動車販売店で「自動ブレーキ」のついた車に試乗した際、店員にこう言われた。恐る恐るブレーキを踏まずにいると、車は信号待ちの車の後でゆっくりと停止した。高齢ドライバーの事故が社会問題になる中、男性は家族から勧めもあり、その日に購入を決めた。

 ただ、こうした説明は利用者を勘違いさせかねない。現行の「自動ブレーキ」は、あくまで補助装置。作動する条件には限りがあり、「悪天候」「歩行者の背が低い」などの場合は利かないこともある。国土交通省の幹部は「ブレーキ操作自体を委ねられる技術レベルではまだない」と指摘する。

 「自動ブレーキ」を搭載した車…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら