[PR]

 横浜市西区桜木町4丁目の国道16号で28日夜、男性1人が死亡、6人が重軽傷を負ったバス2台と乗用車の事故で、うち1台の神奈川中央交通(本社・神奈川県平塚市)のバスの男性運転手(50)が直前に意識を失った可能性があることが同社への取材でわかった。

 県警戸部署によると、亡くなったのは、同バスの乗客の高校1年秋場璃雄(りお)さん(16)=横浜市都筑区。現場はJR桜木町駅付近で、同バスが信号待ちをしていた乗用車に追突し、押し出される形で、乗用車がさらに前方の横浜市営バスにぶつかった。神奈川中央交通のバスは現場の約200メートル手前でも高架橋の柱やガードレールに衝突。左のサイドミラーが落ちていた。現場付近にブレーキ痕は見つかっていないという。

 同社によると、事故前、運転手が走行中に意識を失って柱に衝突したとの情報があり、29日に国土交通省に報告した。同社は年2回の健康診断を実施しているが、前回4月には、異常は見つからなかったという。(山下寛久、大西明梨)