[PR]

 白川方明(まさあき)・前日本銀行総裁が辞任から5年半を経て沈黙を破った。10月22日、日本記者クラブで記者会見し、断り続けてきた金融政策への取材に初めて応じた。現在の異次元緩和への直接的な批評は避けつつ、「金融政策では、日本経済の根本問題を解決できない」と強調。今月出版された著書の内容も合わせ、かつて日銀を担当した記者がその「心の叫び」を読み解いた。(大日向寛文)

 「日銀をやめて5年半が経つが、マスコミを前にした講演やインタビューは全てお断りしてきた」。白川氏は会見でそう切り出した。その10日前、800ページに迫る大著「中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年」(東洋経済新報社、税込み4860円)を出版したばかり。当初は出版に否定的だったという。会見ではこう語った。「何を書いても自己弁護や他人への批判と誤解される」

 なぜ考えを変えたのか。白川氏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら