[PR]

 千葉県大網白里(おおあみしらさと)市周辺の海岸や河口で9~10月、女性の遺体の一部が相次いで切断された状態で見つかった事件で、千葉県警は、女性の長男で自称会社員、山田基裕容疑者(37)=同県八街(やちまた)市八街ほ=を死体損壊と遺棄の疑いで23日深夜に逮捕し、24日に送検した。容疑を大筋で認めているという。

 県警によると、山田容疑者は9月26、27日ごろ、同居していた母親の容子さん(75)の遺体の頭部や四肢を切断し、大網白里市やその周辺に捨てた疑いがある。死後に刃物で切断した可能性が高いといい、容子さんが死亡した経緯も知っているとみて調べている。

 遺体は9月29日に大網白里市の堀川河口で胴体が見つかり、10月8日までに同市と隣接する九十九里町、白子町の3カ所の海岸や漁港で頭部と両足が見つかった。DNA型鑑定で同一人物と判明し、歯の治療痕から容子さんと分かったが、死因は不明だ。

 県警は、捜索願が出されていなかったことや周辺への聞き込みなどから、山田容疑者が事件に関与した疑いがあると判断。今月16日以降、自宅を家宅捜索し、任意で事情を聴いていた。