[PR]

 英国のハモンド財務相は29日の予算方針演説で、大手IT企業を対象に、英国の消費者向けのデジタル事業で得た収入に課税する「デジタルサービス税」を2020年4月から導入すると発表した。拠点を置かずにネットを使ってサービスを提供するIT企業の事業にどう税金を課すかは国際的な課題になっている。英財務省によると、導入すれば主要7カ国(G7)では初めてになる。

 英国が課税対象にするのは、対象となるデジタル事業の世界売上高が5億ポンド(約720億円)以上のIT企業。検索エンジンやソーシャルメディア、オンライン市場を運営する企業を想定しており、米グーグルや米フェイスブックなどが対象になるとみられる。英国の消費者向けの広告収入や、英国の利用者同士の取引で得たオンライン市場の手数料など、特定事業の一定規模の収入に2%の税率を課す。年間4億ポンド以上の税収を見込んでいる。

 国際的に展開する大手IT企業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも