[PR]

 地震と原発の複合災害を想定した島根県原子力防災訓練の2日目が30日あり、島根県側は19機関約560人が参加した。県境を越えての避難訓練が初めてあり、松江市の2地区の住民計125人が広島県神石高原町、岡山県笠岡市にそれぞれバスで避難した。(浪間新太、奥平真也)

児童ら、バスで広島へ 松江

 松江市忌部地区の忌部小学校の児童約40人や保護者、同地区の自治協会員ら計約70人はこの日朝、同小からバス2台に分乗して、避難先に指定されている広島県神石高原町に向かった。

 約40分走り、雲南市木次町の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら