[PR]

 厚生労働省は30日、過労死対策の議論の土台となる2018年版の「過労死等防止対策白書」を発表した。過労死などが多いとされ、特別に調査する重点業種のうち、今回は「教職員」「医療」「IT」の労働実態を分析。業界特有の働き過ぎや精神的ストレスの要因が浮かび上がった。

 教職員の調査では、回答者3万5640人の1日の平均勤務時間は11時間17分だった。また、忙しくない時期の1日の勤務時間が「10時間超12時間以下」との回答は50・2%で、法定労働時間(8時間)を大幅に超える人が半分を占めた。

 残業の理由は「自分が行わなければならない業務量が多い」との回答が7割弱で最多。ストレスの要因では、「保護者・PTAへの対応」と答えた人が4割弱いた。学校に無理な要求をする親「モンスターペアレント」への対応が、大きな要因となっていた。

 医療では、医師と看護職員計9389人が回答。カルテや看護記録などの書類作成に時間がかかり、残業が発生していることがわかった。患者からのクレームや暴力・暴言が精神的なストレスになる特徴も浮かんだ。一方、1078の病院への調査で、月の残業時間が「過労死ライン」とされる100時間を超える医師がいる病院は12・3%だった。

 ITの調査(回答者2465人)では、システムトラブルへの緊急対応や厳しい納期を強いられるなど、発注者からの要望が長時間労働やストレスの主因となっていた。

 白書によると、過労死や過労自…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら