[PR]

 東邦ガスが10月30日発表した2018年9月中間決算は、経常利益が前年同期比41・7%減の61億円だった。上半期の減益は3年連続。原料の液化天然ガス(LNG)の価格が上がったことによる差損に加え、ガスの販売が伸び悩んだことが響いた。

 売上高は5・7%増の2006億円、純利益は42・3%減の42億円だった。

 ガス販売は前年同期より3・6%減り、とくに家庭向けは12・2%減。気温が高めで暖房需要が少なかったことや、ライバル社に契約を奪われた影響もあったという。

 一方、電力小売り契約は14万件。18年3月期末より5万2千件増え、今年度の目標を半年前倒しで達成。設備投資がかさんで利益は出ていないが、売り上げは数十億円規模になっているという。会見した冨成義郎社長は「一定の手ごたえを感じている。2、3年後に黒字化したい」と話した。