写真・図版

[PR]

 神経伝達物質の減少で体が動かしにくくなるパーキンソン病。日本神経学会は今年5月、診療ガイドラインを7年ぶりに改訂した。症状が進んだ進行期の患者の治療の選択肢が広がった。また、早期の患者の治療薬の選択肢も増え、リハビリテーションの重要性を強調している。

 パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質ドーパミンの減少で神経回路に異常が起き、手足の震えなどが起きて体が動かしにくくなる原因不明の難病だ。約20万人が患っているとされる。

 群馬県の男性(70)は約10年前、左の薬指の震えが止まらなくなり、パーキンソン病と診断された。ドーパミンを補う薬を服用すると症状は治まった。ところが次第に薬の効果が持続しにくくなり、2016年には薬を1日6~8回のんでも効果がすぐに切れるようになった。足が固まってすくんだようになり、動けなくなってしまう状況に週2回は陥るようになった。

 順天堂大学順天堂医院(東京都…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら