[PR]

 人気漫画「進撃の巨人」(諫山創さん著)が、米ハリウッドで実写映画化されることが決まった。ストーリー展開や公開時期は未定だが、監督は「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」などで知られるアンディ・ムスキエティさんが務めるという。

 版元の講談社によると、進撃の巨人は、巨人がすべてを支配する世界で人類と巨人の戦いを描くダークファンタジー漫画。2009年から別冊少年マガジンで連載が始まり、18年10月現在、26巻まで発売された。国内累計発行部数は、7600万部を超える。15年には日本で実写映画にもなった。

「僕は誰よりも楽しみに」原作者・諫山さん

 今回の映画化の話をいただいて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら